聞こえのしくみ

 

聞こえのしくみ

聞こえのしくみ
 
耳は外耳、中耳、内耳の3つの部分から成り立ちます。
   
 
音がなったとき、外耳が音を集め、外耳道を
  通って鼓膜に音波を送ります。
 
音波で鼓膜を振動させ、中耳の3つの耳小骨に
   振動を伝えます。
 
その振動は内耳の一部である蝸牛(かぎゅう)
   のリンパ液を振動させます。
 
蝸牛(かぎゅう)内で振動を電気信号に変換
   し、大脳へ。音として認識されるのです。
   
これらの機能が低下すると、「聞こえにくい」と感じるようになります。
 

難聴の種類

難聴の種類
 
伝音性難聴
伝音性難聴は音が音波、振動として伝達される外耳か中耳になんらかの問題がある場合に生じます。(鼓膜の損傷や中耳炎など)大部分が医学的治療で聴力を回復させることができますが、もし難聴が残っても、補聴器を使用することで聞き取りはよくなります
 
 
感音性難聴
内耳に問題がある場合に起こります。内耳は外耳、中耳から送られてきた振動を脳へ送る役割をもっていますが、この能力が低下することで生じます。現在の医学でも原因、治療法が未確立な部分が多く、補聴器を使っての訓練が必要です。加齢による老人性難聴は感音性難聴です。
 
 
混合性難聴
伝音性難聴と感音性難聴の両方が複合的に起因しているものをいいます。
 

加齢による難聴

加齢による難聴
 
人は誰でも加齢とともに聴力が衰え、高い音から徐々に聴こえにくくなり、周囲に雑音があると、さらにことばの聴きとりに支障を生じます。
   
株式会社
リオネットセンター千葉
〒260-0028
千葉県千葉市中央区新町
18番地12 第8ビル
TEL.043-246-3311
FAX.043-246-3319
定休日:日曜・祝日
    夏季8/13~15
    年末年始12/30~1/3
営業時間:9:00~17:00
────────────────
補聴器の販売
────────────────
【営業許可・資格】
・高度管理医療機器等販売業許可
 (許可番号 千保 第306号)
・医療用具専業修理業許可
 (許可番号 12BS6008)
・認定補聴器専門店
 (登録 第7-1034号)
qrcode.png
http://rionetchiba.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<株式会社 リオネットセンター千葉>> 〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町18番地12 第8ビル TEL:043-246-3311 FAX:043-246-3319